Unlimited WordPress themes, plugins & video downloads!

ビジネス

印鑑:会社での用途と種類

テクノロジーと製品設計は何十年にも渡って進化してきました。今ではたくさんのことが便利になっており、私たちの暮らしの中で多くの便益をもたらしています。それらは、私たちのやり方を変え、物事を完結させることさえあります。ただし、これはすべてのことに起きたわけではありません。ほとんど、もしくは全く変化のないツールや商品もあります。たとえそうでも、それらは私たちの生活の中で、いまだに多くの便益があります。その内の一つが社印です。社印はオフィスで頻繁に使われる必須のツールです。一般的に社印は、重要な文書を承認するために使われ、それらを法的且つ有効化します。しかしそれに限りません。オフィスで印鑑を持つことで得られる便益や優位性はたくさんあります。

今作られている印鑑は非常にたくさんの種類があります。あなたの会社にとって最適な種類の印鑑を作るために、既存の社印の一般的な違いを理解しなければなりません。専門家(www.kiasuprint.com)にインタビューして、あなたのために、印鑑の種類別リストをまとめました。

1.ゴム印

このタイプの印鑑が最もシンプルなので、おそらく誰もが知っていると思います。名前の通り、この印鑑はゴム製です。通常は取っ手部分は木で作られています。別のインクパッドを携帯して持ち歩かなければなりません。もしそれがなければ、この印鑑は使えないからです。最も基本的ですが、注意して使っている限りは、比較的耐久性もあります。この印鑑は、持ち運びが楽ですが、インクパッドも携帯しないといけない点では不便です。もしあなたの会社が安価の印鑑をお好みでしたら、これが完ぺきな選択肢でしょう。しかし印影は、次に挙げる印鑑ほど良くないかもしれません。

2.プレインクスタンプ(浸透印)

プレインクスタンプは印字の型で、インクを文字に印字します。このタイプの印鑑はプラスチック製なので、通常ゴム印よりも耐久性があります。プレインクスタンプを使用すると、より鮮明な印影が作られ、印字やロゴが鮮明に出ます。より高品質の印影を押印することで、あなたの会社もさらにプロフェッショナルに見えるかもしれません。この印鑑はインクパッドが不要で便利という点では、ゴム印よりも優れています。

3.セルフインキングスタンプ(シャチハタ印)

セルフインキングスタンプはインクが充填された印鑑です。この種類の印鑑は、プレインクスタンプと同様にインクパッドを必要としません。その点では、ゴム印よりも便利です。軽くてポケットに収まるので、どこにでも持ち運びが簡単です。セルフインキングスタンプの価格は通常、ゴム印やプレインクスタンプよりも全然高くありません。恐らくあなたの会社の社印としては、ベストな印鑑の一つではないでしょうか。

最高の印鑑メーカーは、最高品質の印鑑をあなたに提供することができるでしょう。ですので、あなたのエリアでそういった業者を見つけなくてはいけません。

Related posts
ビジネス

日々の出費を抑えて資産を築く一歩がユニドラかもしれない

ビジネス

資産構築の関係性(一つの選択肢として)

ビジネス

選択肢を広げ、資産構築へと歩みを進めよう

ビジネス

賢い人がやっているペットくすりを使った節約

Sign up for our Newsletter and
stay informed